15日までAmazonプライム先行セール開催中!

Nizキーボードを実機レビュー!最強の静電容量無接点キーボード【Niz Micro82】

本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

Nizキーボードを実機レビュー!最強の静電容量無接点キーボード【Niz Micro82】

キーボードを触る頻度が多い人は誰もが憧れる『静電容量無接点キーボード』

物理的な接点を持たず、軽くて滑らかなキータッチと高い耐久性を実現できるキーボードです。

実際に2年間、本業でも使用していますが、まだまだ使えます!

そうした中で、自分の使用環境に合う最高のキーボードを探し、たどり着いたのがNizのキーボード。

Nizキーボードの特徴
  1. 静電容量無接点キーボード
  2. Bluetooth接続可能
  3. Windows、Mac両方に対応
  4. MX軸が採用されており、キーキャップ交換も自由
  5. キー設定をカスタマイズできるので、自分好みに最適化できる

とまぁ、ざっと5つの特徴を揃えていて、見る人が見れば最強のキーボードというわけですね。

今回のレビューでは、上記特徴をしっかりと紹介しつつ、使用感をレビューしていきます!

Nizキーボードのスペックやキー数

Nizキーボードのスペックやキー数
方式静電容量無接点方式
押圧35g・45gなど(10g増加できるバネ付き)
カラーホワイト、ブラック(キー数次第)
キー数66キー、68キー、82キー、84キー、87キー、108キーなど
サイズ29.5cm×11cm×2.5cm(66キー)
本体重量720g(66キー)
接続方法USB / Bluetooth5.0 (USB接続専用のものもある)
充電容量2500mAh リチウム電池

色々なキー数で販売されており、仕様はどのキーも基本同じ。

maipyon
maipyon

私が購入したのは82キーのものです!
Micro82という商品名が正式名称かなと思います。

ものによってはRGBバックライト搭載で、色や光らせ方もかなり自由にプログラムできるようです。

キーボードにゲームモードなるモードも存在しているので、ゲーム用のキーボードとして使うのもアリですね。

Niz Micro82のパッケージ内容と見た目

Niz Plum82のパッケージ内容と見た目

パッケージ内容は以下の通り。

パッケージ内容
  1. 本体
  2. 説明書
  3. 充電・USB接続用ケーブル(typeA to typeC)
  4. 押圧荷重を10g増やすためのバネ(正確に数えてないけど50個ほど)
  5. Mac配列用キーキャップ
  6. キーを支える部分の紛失用パーツ(軸など)
  7. Bluetoothレシーバー
  8. キートップ引き抜き工具

ケーブルはしっかりしていて、なおかつオシャレ。

Bluetoothで使用しているため常に使用することはないのですが、良い感じの質感。

キーボードの裏側が以下の画像のようになっていまして、ケーブルを横に這わせることもできてスタイリッシュ。

Nizキーボードの裏

まっすぐ or 左右どちらか自分で決められるのでありがたいですね。

足も立てない・小さい足を立てる・大きい足を立てるの3段階に調節可能です。

足を1段階立てたとき

上記画像は小さい足を立てたときの画像で、グリップもついていて滑りづらいので良い感じ。

なお、パッケージに含まれるBluetoothレシーバーは接続が悪いPCの場合に使うようです。

Nizキーボードの特徴を詳細レビュー【大満足】

最初にも挙げたのですが、Nizキーボードの特徴は以下の5つ。

Nizキーボードの特徴
  1. 静電容量無接点キーボード
  2. Bluetooth接続可能
  3. Windows、Mac両方に対応
  4. MX軸が採用されており、キーキャップ交換も自由
  5. キー設定をカスタマイズできるので、自分好みに最適化できる

①はいいとして、他をそれぞれ深堀して解説していきます。

NizキーボードはBluetooth接続可能で、3台のPCに対応

NizキーボードはBluetooth接続可能で、3台のPCに対応

そもそも静電容量無接点方式でBluetoothができるキーボードはあまり種類がありません。

HKKBもREALFORCEもできるものは一応あるけど、種類でいうと結構限られます。

Nizのキーボードは全キー数でBluetooth接続ができ、選択肢が多いのも特徴。(USB接続専用機種もあるけど)

切り替えもかなり簡単で、Fn+F9 or F10 or F11でそれぞれ切り替えられます。

接続切り替え時や接続したときにはライトが光って、数秒後に消えるのでわかりやすいので安心。

接続も速く、ストレスなくすぐにつながるのもありがたいところです。

NizキーボードはWindows、Mac両方に対応

WindowsとMacの両方をプライベート/仕事で切り替えてつかう自分にとって、ここの切り替えがスムーズにいくかどうかは重要でした。

NizキーボードはFn+左Altを同時に3秒押すことで切り替え可能です。

しかも、Bluetooth接続先ごとにちゃんとWindowsかMacかを記憶してくれていて、電源OFFにしても記憶してくれています。

そのため、Win/Macの切り替えはBluetooth接続先を切り替えるのみで終わるので滅茶苦茶楽です。

NizキーボードはMX軸が採用されており、キーキャップ交換も自由

NizキーボードはMX軸が採用されており、キーキャップ交換も自由

Nizキーボード最大の特徴がここ。

HHKBやREALFORCEの静電容量無接点キーボードは独自の軸を使っていて、キーキャップを交換しようにも種類が少ないです。

世界的に使われているCherry社のMX軸がNizキーボードでは採用されていまして、キーキャップも選び放題。

maipyon
maipyon

つまり、デザインも選び放題!
私は以下の商品の黒バージョンを使用しています。(Amazonリンク先に黒色アリ)

キーキャップ交換がしたい人は注意点アリ

キーキャップ交換をする場合の注意点がありまして、キー数によっては難しいものもあるという事。

66キーと84キー(Mini84は問題ナシ)が注意する必要アリです。その他は気にしなくてOK

特にスペースキーの長さに注意。スペースキーの長さが4.75uとなっています。

4.75uって?

キーボードの長さの単位は、1uを普通の正方形のキーの長さとしています。

つまり、4.75uは通常のキーの4.75倍の長さと思えばOKです。

4.75uのスペースキーはほとんど見つからず、真っ白なものが唯一見つかるという感じ。

そこから塗装する人もいるみたいですが。

なお、4.5uのキーキャップでもいけるらしく、そっちなら見つかりやすいのでそちらで検討するのもアリ。

Nizキーボードはキー設定を自由にカスタマイズできる

専用のソフトを公式サイトからDLしてくれば、キー設定を自由にカスタマイズ可能です。

なお、専用ソフトはWindowsでしか動作しないので、Windowsのパソコンは必須。

maipyon
maipyon

極端な話、どのキーを押しても『A』が入力されるキーボードも作れます。

設定は英語でやることになるのが難点ですが、使い方についてしっかり日本語でレビューしてくれているサイトもあるので何とかなります。

  • 通常時のキー
  • 左Fnキーを押したときのキー
  • 右Fnキーを押したときのキー

の3種類の設定が可能で、Fnキーの場所も動かせるすぐれもの。

ちなみにマクロや複数キーの組み合わせにも対応していて、とあるキーを押したらctrl + cとみなしてコピーする・・・みたいなこともできます。

設定できないキーがあるので注意

注意点として、設定できないキーがいくつか存在します。

例えば、「無変換キー」「かなキー」は設定できないのが致命的でした。

maipyon
maipyon

Macはスペースキーのサイドで全角・半角を切り替えたい・・・!

そんなときは、

  1. 普段使わない「Insert」キーをスペースキー左、「ScroolLock」キーをスペースキー右に配置
  2. Windowsは『AutoHotKey』、Macは『Karabiner』を使ってInsertキーを「無変換キー」、ScroolLockキーを「かなキー」として認識させるよう変更

と、2段階での変換をすることで対応しました。

Nizキーボードを使用した感想【イマイチだった点】

Nizキーボードを使用してよかった点とイマイチだった点について紹介します。

まずはイマイチな点から。

キー数やタイプによってはAmazonや楽天で売ってない【デメリット】

Nizキーボードは色々なキー数があると書きましたが、実際にAmazonや楽天で全種類が売っているわけではなさそうです

Amazonでも取り扱い種類が以前に比べれば増えましたが、それでもBluetoothバージョンに限定すると買えないものも出てきます。

オプション選択で色々選べるので、あるかどうかは運次第なところがあります。

Nizキーボードは、US配列しかない【デメリット】

Nizキーボードは、日本語配列(JIS配列)がなく、英語配列(US配列)しかありません。

今まで日本語配列しか使ったことがなかった私にとっては、ちょっと冒険でした。

でも数日で慣れましたし、今ではUS配列の方が好きです。

ということで、完全に好みの部分ではあるのでデメリットになるかは謎ですが、多くの人は配列変更で戸惑う部分も出てくるかと思います。

Nizキーボードは充電中、有線接続しかできない【デメリット】

充電中はUSB接続での入力(有線接続)しか受け付けないのも残念ポイント。

といっても、Ecoモードで126時間の連続使用が可能とのこと。

しかも10秒経てば自動でスタンバイモードに入って消費電力を下げる仕組みです。
また、自動電源OFFまでの時間も1・2・3時間から選択できる(その時間が経てば電源ボタンを2秒押して電源ONにする)ので、実際はかなり使えます。

というわけで、充電はめんどくさいけど月に2回くらいなら許容範囲かなと思います。

充電が少なくなってきたらランプで知らせてくれるので、出先でよくパソコンを触る人以外は気にならないかなと思います。

maipyon
maipyon

実際に使っていますが、充電は月に1回くらいですね。
Windowsだと、Windowsのシステムで「充電が少ないです」って通知も来るので困ったことはありません。

パームレストが必須【デメリット】

Nizキーボード

Nizキーボードは手前側の高さが約2cmとなっていまして、パームレストが必須です。

HHKB用のパームレストで探せばピッタリでしたので、私はバード電子のパームレストを使用しています。

Nizキーボードが届いた直後はパームレストなしでやっていたのですが、さすがに無理でした。

必須級なので、一緒に買うべき。

Nizキーボードを使用した感想【良かった点】

Nizキーボードを使用した感想【良かった点】

次に良かった点やうち心地などを紹介していきます。

Nizキーボードのうち心地は最高

まず、Nizのキーボードのうち心地は最高。

静電容量無接点方式ならどのキーボードも最高なんでしょうけど、ポイントは押圧が35gなところ。

maipyon
maipyon

HHKBなんかは45gですね。
軽いほうがいいってことはないけど、『45gは疲れるけど35gはぴったり』なんて口コミもあるくらいで、マジで疲れません。

これが滅茶苦茶軽くて、かつこれ以上軽いと困るちょうどいい重さ。

また、キーが反応する深さを高・中・低から選択できるので、自分好みにある程度カスタムできるのもいいところ。

静電容量無接点方式のタイピング感覚はわかりづらいのですが、例えるとセブン銀行のボタン。

Nizのキーボードはすごく軽くて、打てば打つほど次を打ちたくなる魔法のキーボードです。

作業がはかどるはかどる。

Nizのキーボードは静電容量無接点方式なのに価格が抑えめ

Nizのキーボードは、キー数にもよるけど2.2万~2.5万ほど。

昔はもっと安くて、1万円台だったらしいのですが、2万円台でも十分安いですね。

HHKBは3.5万、REALFORCEも3万越えが多いので、比較的安めと言えます。

静電容量無接点方式を確かめてみたいけど、価格が高くて手が出せないという人はNizのキーボードがオススメ。

キーキャップ変更が自由な唯一の静電容量無接点キーボード

キーキャップ変更が自由な唯一の静電容量無接点キーボード

みなさんも一度は思ったことがあると思うのですが、おしゃれなデスクにあるキーボードって、何かしらキーキャップが工夫されてますよね。

キーキャップ変更ができればデザインは自由自在ですし、自分だけのキーボードなんてことも可能です。

ですが、静電容量無接点キーボードでキーキャップを自由に変えられるキーボードは自分が確認した限りではNizのみでした。

他社の静電容量無接点キーボードは軸が特殊(自社製)で、それに合うキーキャップが皆無・・・。

正直に言うと、以下のキーキャップに惚れてNizしか選択肢がなくなった感はありますが。

前述したキー数によってはスペースキーの幅問題はあるものの、自分好みにカスタマイズできるのはNizのキーボードの最大のメリットとも言えます。

Nizのキーボードは個人的に最強の静電容量無接点キーボードだと思う

Nizのキーボードは個人的に最強の静電容量無接点キーボードだと思う

ということで、Nizのキーボードについてレビューしました。

Windows/Macを両方使っていて、かつデザイン重視をしたい私にとってNizのキーボードは最強でした。

Nizキーボードの特徴
  1. 静電容量無接点キーボード
  2. Bluetooth接続可能
  3. Windows、Mac両方に対応
  4. MX軸が採用されており、キーキャップ交換も自由
  5. キー設定をカスタマイズできるので、自分好みに最適化できる

キーの配置によっては他社の方が・・・という議論は尽きませんが、キーキャップに関してはNizが唯一。

打ち心地も最高で、(静電容量無接点キーボードにしては)手が出しやすい価格帯かなと思いますので、とりあえず騙されたと思ってこのうち心地を実感してほしい!